副業の税金の申告を行う際の注意点

   2021/06/15

20万円ルールをきちんと理解しよう

20万円ルールは副業で確定申告をするための目安になる金額ですが、きちんと理解して手続きをする必要があります。
確定申告は課税対象所得を正確に計算するために必要不可欠で、経費がかかると控除してもらえて負担する税額を減らせて便利です。

20万円ルールはサラリーマンやアルバイトなどをしている状態で別に副業をして報酬を受け取った金額で、雑所得として扱われ超えればすることが求められます。

しかし、超えなけれれば申告は不要で、事前に金額を確かめて判断することが大事です。課税対象所得は副業の報酬から経費を差し引いた金額になり、超えなくても経費の金額を証明できないためする必要があります。

20万円ルールはあくまでも所得税に対して適用され、住民税の場合は申告を行うことが必要になり流れを把握することが重要です。

書類の書き方にも注意しよう

副業で得られた収入は住民税の課税対象になり、勤務先にバレる要因は給料の金額に比べて多くなっているためです。
勤務先の企業の経理担当者はこのような税金に関する情報を調べているため、禁止されていれば確定申告をする際に自分で支払うように届け出る必要があります。

確定申告の書類の項目に住民税の徴収方法を選ぶ箇所があり、自分で納付するようにしないとそのまま給料から天引きされるため注意が必要です。

自分で住民税を支払うときは自宅に納付書が送られてくるため、期限までに忘れずに納めないといけません。

このため、期日を確かめて払い忘れをしないよう金銭計画を立て、勤務先にバレないようにすると他人に内緒で稼げて安心できます。

期間をきちんと理解しよう

副業の税金の申告を行うときは期限があり、毎年2月16日から3月15日の1ヶ月間になります。
申告の対象になる所得は前年の1月1日から12月31日までの期間に給与として受け取ったり副業の報酬があれば課税対象所得を計算し、条件を確かめてから行うことが必要です。
書類は書き方が面倒くさいためしたくないと考えがちですが、実際には支払調書で収入があることを税務署に報告されています。

このため、忘れると無申告加算税が追加されることになり、50万円までは15%50万円以上は20%になり負担する税額が増えて逆効果です。

確定申告の期間はトラブルがない限りは2月16日から3月15日の1ヶ月間になり、年度末で忙しくなりますが必要書類を準備し会計ソフトで数字を入力してすぐに提出できるようにするとスムーズにできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket