仮想通貨を所有しておくメリットとは

   2021/04/15

投資として仮想通貨を選ぶメリットは、売買差益で稼げるだけでなく、便利な通貨としての使い道もあることです。

株式投資の場合、所有している株そのものを使って買い物などを行うことはできません。できるのは、売却時に売買差益を得たり、株主優待や配当金を得たりすることです。条件を満たせば、株主総会に参加をしてお土産を貰うなどのメリットも生まれますが、基本的には投資以外のメリットは生まれにくいものです。FXの場合は、外貨両替が安く行えるようになるなどのメリットがありますが、海外旅行に行かないという人にとっては、それ程大きなメリットとは言えないでしょう。

それに対し、仮想通貨は投資以外も様々な使い道があります。その一つが、個人間の送金です。Webを通じて、個人間の買い物や取引を行う際などに、頭を悩ませることといえば、送金方法でしょう。銀行振込などを使うことも可能ですが、多くの手数料がかかったり、時間帯によってはスムーズに送金作業が完了しないことも多いものです。それに対し、仮想通貨であれば僅かな時間で手軽に個人間送金を行うことができます。勿論、お互いにウォレットを持っていることが前提となりますが、この条件さえクリアしておけば、いつでも手軽に個人間送金を行えます。さらに、手数料も安いため、仮想通貨を所有していれば個人間の送金方法で悩むことがなくなるでしょう。

さらに、仮想通貨というのは全世界共通の通貨です。最近では、個人間送金に対応したアプリもありますが、できるのは日本円同士の送金のみです。そのため、国を超えたやり取りを行うことができません。

Webを使って仕事などをする人や趣味の世界を広げている人の中には、海外に住む人とのやり取りもあるという人も多いでしょう。海外への送金というのは、1回の送金で数千円など手数料が高額になってしまうことが多いものです。さらに、相手の手元にお金が届くまで1週間程度かかることもあるなど、思わぬ時間が必要となってしまうこともあります。それに対し、国を超えて使うことができる仮想通貨であれば、安く短時間で送金作業を完了させることができるというメリットがあります。

投資方法の一つとして注目を集める仮想通貨ですが、それ以外にも個人間送金や海外送金、そして勿論買い物にも便利に使える通貨となっています。そのため、ただ投資を行うのではなく、同時に生活も便利にしたいという場合は、仮想通貨の活用を考えておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket